【共同開発のこと】Collaboration Vol.1 お茶碗

【共同開発のこと】Collaboration

こんにちは。
今日は、ポーランドのCeramika Artystyczna社の
プロダクトデザイナー マリウシュ オホツキ(Mariuz Ochocki)さんと
2012年から一緒に作った形のお話をしたいと思います。

プロダクトデザイナー マリウシュ オホツキ(Mariuz Ochocki)プロフィール

ヴロツワフ国立アカデミー(現ASP)の彫刻工房を卒業し、

Ceramika Artystycznaで設計やプロダクトデザインの責任者。

Ceramikaの造形は彼を中心に世に送り出されます。

2012年よりアートディレクター及び、メインデザイナーとして活躍しています。

——————————————————————————————-

2012年5月 ポーランドの南西部にあるボレスワヴィエツ(Bolesławiec)に行きました!

ボレスワヴィエツの街の入り口の看板!

森の中に入っていくみたいでちょっとドキドキ!

Ceramika Artystycznaの看板が見えてきました!

工房の入り口にあるお店の看板です。

Ceramika Artystycznaへの工房への入り口!!

絵付け前の素焼きの食器がたくさん!

マリウシュさんと初対面!

この時、日本から持ってきた【お茶碗】をお土産に渡しました。

普段、ポーランドでは使わないお茶碗の形に興味を持ち

マリウシュさんのデザイン部屋にて形のスケッチを見せてもらいました!

まずは、鉛筆デッサンでフォルムを決めていきます。

 

そして、、月日は流れ

2013年7月に再び、Ceramika Artystyczna社を訪ねると、、

さっそくマリウッシュさんが

完成したお茶碗を見せてくれました!!!

 

大きめサイズとふつうのサイズの2種類。

ちゃんと高台もついています!!

少し深みのあるスッとしたフォルム!とても可愛い!!

日本に届いてさっそく、ご飯を入れてみました!!

Ceramic Artystycznaの特徴でもある内面にも柄が入っているので

さらに、キノコご飯を引き立ててくれました。

そして、実際に手に持つと小ぶり?に見えるのですが、オンラインだとわかりにくいので、

どのくらい入るのか?

実際にごはんを量って入れてみました。

左が1膳とよばれている普通盛りの150g

右がダイエットや少食の方の少なめ盛り100gです。

1膳ぴったりサイズです!!!少なめの場合は内面の柄がたくさん見えて可愛くなります。

 

いくらのお茶漬けも良い感じに仕上がりました!!

 

こうして、マリウシュさんとの共同開発 第一弾が完成しました。

今では、贈り物や自宅用など幅広く愛用され

人気のアイテムになっています。

次回は2013年にお願いしたあのアイテムをご紹介します。

お茶碗を見る

Photo by Tomomi.T